<< 新作 サンリオ・ハローキティ&ダニエル リングピロー | main | 本物の挙式 ,海鵑覆飽磴Α国内と欧米のチャペル挙式の相違点。 >>

徳島県のウエディング考察

とある四国地区内のカトリック教会挙式
(写真と本文とは関係ありません。)


閉鎖されたローカルエリア内での、経営者・担当者のウエディング思考を考えてみた。
そして、同一地域の他社と差別化し、顧客へのアピール度を更に高めるには・・・どのようにすれば良いのか?

これから数回にわたって、その問題点を解明すると共に、その解決策を考えてみる。

同業他社と同じようにしていれば、担当者は精神的には安心である。
しかし、顧客目線からはどうであろうか?
どの式場も同じように見えているのではないだろうか?
奇を衒うのではなく、しっかりとした計算に成り立ったプランであれば、きっと顧客の心の琴線に触れるに違いない。
つまり、他社とは違った切り口で顧客にアピールすることは、すなわち顧客の目線でアピールするのと同じである。
それほど、徳島は閉鎖されたウエディング市場であることを再認識すべきである。

徳島県内のほとんどの結婚式場は、ある牧師・聖歌隊派遣組織を利用しているが、新興勢力とでも言うべき(パシフィックハーバーやブランアンジュやT&G迎賓館等)は、どこもその派遣組織を利用していない。
この点が、新興勢力の集客力の源であると推測される。
又、その結果は数字に如実に表れている。
若干の推測が加味されてはいるが、ブランアンジュ250組・パシフィックハーバー150組・ノビアノビアと樫野倶楽部がそれぞれ80組・T&G迎賓館が100組。
徳島県内の新興勢力だけで、年間700組近くの集客に成功するとともに、徳島市内の年間組数の過半数以上を占めている。
この事実に、各結婚式場の経営者達は斬新なカンフル剤を注入出来ずにいる。

そこで考えるに、他社と同じシステムや考え方を捨て去り、いち早く顧客目線に立ち返ることがV字回復への近道であると思われる。
その為には、経営者・担当者自らが既存のソフトを一度捨て去り、新たに再構築していく覚悟が必要である。
経営者・担当者が、顧客が一番何を欲しているかをキャッチするのは当たり前のことであり、更に徳島のウエディング市場のトレンディを創造するくらいの気概が必要である。

顧客の挙式に対する重要度は年々低下している。
その反面、挙式に対する二局化が数年の間に随分と進んだ。
二局化の方翼は、挙式のファッション化である。
ファッション化とは、古典的なしきたりや伝統よりもファッション性を求める。
すなわち自由な挙式スタイルを希望する顧客の増大である。

この流れを、いち早くキャッチしたのが旧パシフィックハーバーであった。
当初より人前式を前面に売り出す事により、顧客のファッション化に対応してコンスタントに年間200組以上もの集客に成功した。
現在はトキワに経営権が移ったが、それでも年間150組前後はこなしている。

又、ブランアンジュは常に進化を続けている。
集客創造プロデューサー集団である乃村工藝社と組み、非日常的な挙式空間を演出するなど、時代のトレンドを追いかける事よりもトレンドを創造することに重点を置いている。
その結果、今でも年間250組も集客している。この手法はあのT&Gやプランドウシーが全国展開に動き出した時の考え方と同じである。

他社と同じプランでは、他社を追い抜くことは絶対に出来ない。
この事は、上記の通り他社が実践して結果を十分出してくれている。

しかし、このような真似事のウエディングは何かがオカシイと思うのは私だけであろうか?
勝てば官軍の諺があるが、それで良いのであろうかと考えさせられる。

改めて考えると、やはり奇を衒ったプランでは顧客の目は騙せない。
短期的な集客を捨て、腰を据えて顧客目線に立ち返ってみると、意外にも答えはそこにあるものである。
基本はベーシックであり不変であるべきものである。
つまり、ベーシックを基本に時代のトレンドとを融合させれば、新たな顧客のニーズに合ったプランが生まれるである。

我々、St.MARRIAGEは、常に全てにおいて本物を追い続けています。それがプロとしての誇りだからです。
| WEDDING | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blg.st-marriage.com/trackback/1353000

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
SLEEP WALKER
SLEEP WALKER (JUGEMレビュー »)
SLEEP WALKER
最強のライブJAZZバンド
スリープ・ウォーカー1st
Recommend
THE VOYAGE
THE VOYAGE (JUGEMレビュー »)
SLEEP WALKER,Bembe Segue,Yukimi Nagano
最強のライブJAZZバンド
スリープ・ウォーカー2nd
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM