<< 結婚式の聖歌隊について・・・一言! | main | 挙式・披露宴・結婚式は誰のためにするものなのか? >>

結婚式の外国人牧師について



以前、結婚式の聖歌隊について苦言を唱えましたが、今回は牧師(牧師はプロテスタントの呼び方で、カトリックなら神父と呼びます)・司祭についてお話します。

挙式で一番多いのが教会式です。
女性なら、一度は誰でもあこがれるものですよね?
真紅のバージンロードと、幻想的なステンドグラスから差し込む日差し。歴史の重みを感じさせる荘厳な雰囲気。青い目をした外国人牧師による映画のワンシーンのような華やかなイメージ。
最近は、クリスマスイブにキリスト教式を上げられる方が増えていますね。

まぁ、キリスト教式でもチャペルウエディングでも、基本は司祭の資格を持った牧師・宣教師の立会いのもと、賛美歌と聖書の朗読を骨子とした式次に、結婚指輪の交換や結婚証明書へのサインなどのオプショナル的な項目を組み合わせたものです。


さて・・・ここからが本題です。


先に書いたとおり、牧師もしくは宣教師の方で、司祭の資格をもつ方のみが教会式を司ることが出来ます。

ん?ちょっと疑問に思いませんか?

毎週、日曜日は教会ミサがあって教会では多くの信者さん達が集まってきます。また、クリスチャンにとってクリスマスイブは1年で最大の行事の日です。牧師・神父・宣教師の方々は大忙しですよね?
なのに、何故クリスマスイブや日曜日の午前中に牧師による結婚式がおこなわれるのでしょうか?
おかしいですね?
不思議ですね?

近年は、外国人牧師による挙式がブームですよね?
日本人の司祭による挙式でも、上記の理由で日曜日はなかなか難しいのに、ましてやクリスマスイブに外国人の司祭が挙式をつかさどっている。
本当に変です。

その疑問の答えは・・・簡単です。
ニセ牧師が横行しているのです。
ちなみに、週刊文春2005/05/26発刊記事に、「ホテル・結婚式場の牧師の9割はニセ者だ!まさに神をも畏れぬ仕業」と特集が組まれた位です。

全てがニセ牧師とは言いません。
ミサが無い時や、教会に複数人所属しているときは、日曜日だろうがクリスマスイブだろうが、司祭として赴くことは可能です。
ただ、絶対数が少ないのに、いつでもどこでも外国人牧師がやってくる・・・といった式場は、ほぼ間違いなくニセ牧師の派遣業者に依頼しているものと推測できます。

反対に、日曜とクリスマスイブは原則的に教会式はおこなえませんと明言している式場などは安心できるともいえます。

一生に一度の出来事でもあるし、何百万円ものお金をかけるのですから、ニセ牧師ではなく本物の牧師に挙式を司っていただきたいものです。

St.MARRIAGEでは、全国でも数少ないプロテスタントの女性外国人宣教師の方を派遣することが出来ます。
女性司祭による、女性演奏家・オペラ歌手などが醸し出す、華やかな挙式をプロデュースしていますので、一度お問い合わせください。

ただし、毎週日曜日とクリスマスイブは派遣することが出来ません。念のために・・・(笑)

St.MARRIAGE Official Web


※この記事内の「司祭」とは、挙式を司る者を分かりやすく表現した言葉として使用しており、皆さん方に理解しやすい言葉としてあえて記載しています。
過去に、プロテスタントには司祭はいないとのご指摘を頂きましたが、上記の通りの理由をご理解ください。
| WEDDING | 01:25 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
初めまして、タンベックと申します。記事を読んでびっくりしました。ニセ牧師って、目の前で動いている、笑っている、生きているあの方ですよね?人の前で聖書を読んだり、イエスの愛を語ったりするものは牧師の「免許」を持っているかどうかの問題を別にに考えて、そう言った方を「ニセ」と読んでいいのでしょうか?確かに、男女が牧師の前で結婚するが誓うのはお互いの誓いですよ。牧師であろうかなかろうか神様がその言葉を大切に見守ってくれるのではないか?従って、牧師と神様の関係を気にするよりも自分と神様の関係を考えて確かめたほうが良いのではないか?
聖書によれば、嘘は人間社会に必要な存在ですが聖書には嘘は書いてないです。このニュアンスさえを読んで吟味すれば信仰を語れるものになれるのです。牧師はブランドではありません。
2008/03/31 7:19 PM, from TINVEC
私、クリスチャンですがタンベックが言っていることが100%理解できません。


St.MARRIAGE Inc.さんの言うとおりだと思います。
2008/04/06 11:38 PM, from u
タンベックさん・uさん、コメントありがとうございます。

確かに、タンベックさんのおっしゃるとおり、神に誓うのはお互いの誓いです。しかしながら、タンベックさんのお考えだと少し矛盾が生じると思います。

当社といたしましては、結婚式は神に結婚を誓う神聖な儀式だと考えています。そして儀式には神と皆さんを結ぶ触媒役が必要になります。それが司祭であると考えています。

何のために司祭(広い意味で儀式を司る人)の方がいるのでしょうか?私はクリスチャンではないので詳細は分かりませんが、例えば仏式のお葬式の時に、全然信仰心の無いニセ物の住職にお経を唱えられても、成仏は出来ないと思います。

現在の日本では、信教の自由が憲法で保障されているので、各自がさまざまな宗教観をもたれて構わないと思います。
タンベックさんしかり、uさんしかりです。

しかしながら、現在のブライダル産業を見てみると、ビジネス化されてしまっていて、国内で発刊されている英字新聞に堂々とニセ牧師養成の広告まで掲載されているのが現実です。聖歌隊にしてもクチパクで構わないから、とにかく人数さえ合っていたらお金がもらえるからといった様に、結婚式が聖なるものでは無くなりつつあります。
私達は、そんなブライダル産業の現状をもっと広く知っていただこうと思いブログにその思いを綴りました。

このブログは、そんな考えで今後も書き綴っていこうと思っていますので、個人の宗教観についてコメントしていただくには構いませんが、個々の宗教観については今後コメントは差し控えさせて頂きたいと考えています。
2008/04/10 12:37 PM, from St.MARRIAGE
拝 啓
突然の送信をお許し下さい。 
 是非、ご一読 賜りたくお願い申し上げます。
 貴方様に関連しているハロウィンについて送信させていただきました。宜しくお願い致します。
 ハロウィンは、キリスト教系の学校でも盛んに実施もされ、また、魔女が関係するキリスト教の祭りです。
 キリスト教には「(キリスト教の)神の義によって、人を誅しても良い」との教義があり、多くの悲惨な戦争の原因になってまいりました。
 キリスト教の聖書に多く記載されている教義・事実です。申命記などにも悲惨な殺戮行為が多く記載されたキリスト教の教義です。
 また、魔女事件は「魔女は生かしておいてはならない」というキリスト教の教義から多くの罪のない方達が長い年月において苦しめられて来た悲惨な事件です。
 可哀想な方々が何百万と居られます。
 殺され方も火あぶりです。それも乾いた木でなく生の木で焼く陰湿なやり方です。
 ハロウィンにはこの様な悲惨な可哀想な事情が多々あります。
 貴方様の深いご理解を賜りたいと思います。                  
 下記に魔女に関する一部の資料ですが「拷問を伴う魔女裁判」の記述の一部分を記させて戴きます。
                                   敬 具
追伸:キリスト教の伝道行為が、あらゆる方法で行われています。人も派遣され、また、その活動の支援のためにキリスト教系の財団のお金も使用されています。
 それらの行為は、異文化を知ろうとか、絆を深めようとか、美名の下に行われてもいます。
 アメリカでは巧妙なキリスト教の仕掛けと言われています。これはアメリカでも問題になり、裁判も多く起こされています。是非、御調べ戴きたいと思います。
 また、子供が喜ぶからと言われても、お菓子をあげ、楽しいことをすれば何をしても喜びます。
 尚、国際的にも、ISOで、教育機関(幼稚園や学校)や企業は宗教的に中立でなければならないとされていま 
 す(特定宗教にのみ偏して、美化し伝道する行為は、禁止し控えるのが国際の意識・常識です)。
(参考):ISO26000(企業の社会的責任)で、企業の特定宗教の偏向行為を止める(宗教的差別行為の禁止)が
 定められています。 日本もISOの加盟国です。
     
(資 料)
 16世紀のなかばのトレドのキリスト教の異端審問で、エルヴィラという人妻に対して行われた「尋問」の経過を、忍耐強い書記が被告の悲鳴や絶叫にいたるまで、細大洩らさず書きとめた長文記録です。裁判には拷問が必ず行われました。以下その一部。
 ・・(エルヴィラの両腕を縛った綱がさらに締め付けられ、捻じられる。悲鳴。)
 「裁判官さま。何を申し上げたらいいか、言ってください。私がどんなことをしたのか私にはわからないのです。綱をゆるめてください、本当のことを申しますから。何を言えとお望みなのか、私には分かりません。おっしゃってください。その通りに申します。」
 (さらに綱が締められる。「真実を言え」と迫られる。「どう言ったらいいか教えてください。何でも申し上げますから」と彼女は繰り返す。)(「おまえは豚肉を食べただろう」と誘導される。)
 「いいえ、食べた事はありません。豚肉を食べると私は気持ちが悪くなるのです。豚肉は好きじゃないんです。私は何も悪い事はしていないんです。どうぞ放して下さい。何でも申しますから。何を申し上げれば宜しいのですか。何を言ったらいいのか分からないんです。言って下さい。何でも申します。放して下さい。何でも申します。・・・言って下さい、言って下さい。」
 (綱はゆるめられず、「カトリック教会にそむく事をしただろう」と尋ねられる。)
 「放して下さい。・・・(うめき声)・・・ここからおろして下さい。何を言ったらいいか、言ってください。ああ・・・苦しい。お望み通りのことをみんな申し上げますから・・・。裁判官さま、もう腕が砕けます・・・。ゆるめてください・・・」
 (「お前がした事を詳しく言え」と迫られる。)
 「何を申し上げたらいいのか・・・。そうです、いたしました。なんでもいたしました。・・・ああ、ゆるめて下さい。申し上げねばならない事が、私には思い出せないんです。弱い女の身です。腕が砕けそうです。弱い女に、憐れみをお持ちではないのでしょうか。・・・」
 (裁判官は、「本当の事を言えば憐れみを持つであろう」という。)
 「裁判官さま、言って下さい。本当の事というのを教えて下さい・・・。(泣きむせぶ)・・・分からない・・・何を言ったらいいのか・・・。」
 (同じ言葉の繰り返しと拷問が続いたのち、「おまえは土曜日に麻の着物を着替え
2011/05/31 4:44 PM, from 悲惨な戦争を無くせないのでしょうか。切なる希望について。
主の御名を讃美いたします。
ニセ牧師問題は2005年に逮捕者が出るほど話題になりましたが、2012年も逮捕者が出そうですね。
ハウスウェディングや式だけのチャペルの乱立で本当の牧師先生が不足し(当たり前ですね)、ニセを派遣する会社が台頭してまいりました。
クリスチャンの私としては、何ともなさけない話しで、何とかニセを排除できないかと日々考えております。
2012年2月に、ホテルや施設のチャペルで商談があり牧師の話になり唖然としました。依頼している某音楽事務所の牧師なる人が真っ赤なニセだと解ったのです。しかも式ではボロが出るので何も話すな。話しは別の日本人女性司会者がする。とこ事。
本当にそんなニセに挙式させられた新郎新婦が哀れでなりません。今後ももっと声を大きく、ニセ排除のコメントお願いします。

PS
女性の外人牧師先生とは珍しいと感じました。差し障りなければ、卒業された神学校、按手の有無をメールにて教えて頂ければ幸いです。疑っているわけではなく、さらに安心するためのものです。
在主
2012/02/22 1:54 PM, from teketeke
teketekeさん、ご質問ありがとうございます。

TEAMの故ラルフ・カックス先生から、生前に初めてご紹介して頂いた方が女性外国人牧師の方でした。
氏名や経歴などは、個人情報保護法の関係で非公開とさせて頂きますのでご了承ください。

アメリカでは、日本のように神学校を卒業しなくても職業宣教師として認められると、海外での布教活動をバックアップする機関があります。
職業宣教師の制度自体、日本では殆ど知られていません。
又、その時にカックス氏から海外での布教活動をバックアップする機関の存在を初めて聞きました。
当社のとある女性外国人牧師は、アメリカの大学で海洋学の研究員として勤務していましたが、一念発起して職業宣教師として来日し、TEAMの協力を受けながら香川県内のとある教会の牧師となられた方です。

「TEAM 宣教師団体」で検索されれば、先頭にウィキペディアのリンクが表示されますのでご確認ください。
併せて、「ラルフ・カックス」で検索されれば、中四国地区での数多くの布教活動実績や、故人の人徳を褒め称える数々のリンクが表示されますのでご確認ください。

私はクリスチャンではないので、神学校の卒業・按手の有無等は判りませんが、TEAMの故ラルフカックス先生から有資格の牧師先生としてご紹介頂きました。

このようなご質問は、初めて受けましたので答えになっていないかも知れませんが、公開出来うる情報は公開したつもりです。
上記でご安心頂けましたか?


今後も、St.MARRIAGE Inc.のブログをご愛顧ください。
2012/02/23 4:14 PM, from St.MARRIAGE









Trackback
url: http://blg.st-marriage.com/trackback/295827

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
SLEEP WALKER
SLEEP WALKER (JUGEMレビュー »)
SLEEP WALKER
最強のライブJAZZバンド
スリープ・ウォーカー1st
Recommend
THE VOYAGE
THE VOYAGE (JUGEMレビュー »)
SLEEP WALKER,Bembe Segue,Yukimi Nagano
最強のライブJAZZバンド
スリープ・ウォーカー2nd
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM